業界経験者的視点で
より有益なサービス展開を目指す

新規営業チーム 部長

利根川 諒志

経験者だからこその視点。
徹底したクライアント目線に、業界への想いを込めて。

営業を担当している私は、ほぼ毎日、不動産業界のクライアントとのやりとりをしています。営業と言っても、クライアントへのアプローチ方法にも指定はなく、いわゆる営業マニュアルのようなものも存在していません。業務はクライアントの選定から始まり、顧客フォロー、その先の価値提供まで自身でゴールを設定します。目標設定も裁量に含まれる、非常に自由度の高い業務が特徴で、それこそが他の組織にはない仕事の楽しさの一つだと感じています。言い換えるなら、自由だからこそ責任に直結している体制とも言えます。その中で日々クライアントの立場で考えることを心掛け、関わるクライアントの力になることが私の役割です。

そして実は、私自身も不動産営業の経験者。業界で働いた経験を生かし、先方の要望に答えることはもちろん、自身が当時感じていた現場での課題感も解決しながら、一社でも多くのクライアントの力になりたい。そんな想いを胸に抱きながら、日々の業務を考えながら進めています。仮説立てから、行動後の検証を繰り返す中でみえてきたのは、デジタルで効率化を提供する私たちと、アナログが根づくクライアント企業との価値観の乖離です。私は無理強いすることはなく、この価値観の差を受け入れながら、少しずつクライアントの価値観に歩み寄ることを大切にしています。現場にとってはすぐに受け入れられないのは当然。働く職員の皆さんの気持ちにも寄り添いながら、愛されるサービスに育てていきたいですね。

一方で、現場で働く方の気持ちがわかるからこそ、サービスが先方の組織にあっていなければこちらからお断りする場合もあります。流石に私も営業経験が長いですので、利用して頂くよう交渉することもできますが、クライアントにとって有益なものでなければ、本質的には誰の為にもなりません。長く利用し続け、満足頂ける様「クライアントにとって有益な価値提供」にコミットして、今後も積極的に追求していきたいですね。

働くなかで強くなった、新たな挑戦への意欲。

入社のきっかけは、一人のエージェントからの連絡でした。当時転職する予定はなかった私に電話があり「会って欲しい方がいるんです」と言うのです。そのエージェントが一癖二癖もあって・・(笑)強い薦めもあって結果的にこの会社に出会いました。当初は会社のやりたい事と私のやりたい事が違い、一度はやんわりお断りを。その後もエージェントと飲みに行ったりするようになり、前職で経験したアナログが根付く現場の非効率な現状や、一方でその課題をテックで解決できるのではないかという想いを伝えていたところ、私の想いを理解し、うまいこと会社と調整し、受け入れてくれた事で今の状況があります。結果的に強く勧めてくれたエージェントの彼に、感謝しています。

そして、入社して感じるのは、得意分野が被らない個性豊かなメンバーが揃っていること。他の企業では短所を伸ばすことも求められますが、私たちの組織では長所を伸ばし個々の強みを生かした働き方が求められます。まさに個性を尊重した、適材適所の組織。新しいことにもチャレンジができる点や、自身の裁量で仕事が進められることを含め、マンションリサーチ株式会社の誇れる風土だと感じています。

そんな自由度の高い組織だからこそ、挑戦したい仕事が尽きないのが本音です。個人的には、現在あるサービスでの顧客貢献はもちろん、不動産業界の集客や女性採用の課題解決にも尽力したい想いがあります。それは、業界で働いていた際に、自身で解決しきれなかったことでもあるんですよね。今後も、クライアントに貢献することを目的として、自身で考えながら挑戦し続けていきたいと考えています。

Requirement

募集要項