みんなの笑顔のために
支える喜びが私の遣り甲斐

営業チーム

本間 はるか

本当にやりたい事とは?
追求した先に出会えた、自分を表現できる世界。

私の出身大学は、舞台関連の音響などを学べる珍しい学校です。舞台を観に行くのが一番の趣味で、就活の際も舞台関連の企業から、いくつか内定も頂いている状態でした。しかし「私の本当にやりたい仕事はこれなのかな?」ふと自分に問いかけると迷いがでてきて、ズルズルと就活を続けてしまっていたんです。そんな時エージェントからの紹介があり、初めて会社の存在を知りました。でもその時、昔から自分は”住まい”に興味があることを思い出したんです。実は、私の祖父は建築家。実家の戸建てを建てたのも祖父だと、以前に聞いたことがありました。そんなご縁もある”住まい”に関する企業であることを知り、私は迷わず面接を受けることにしたんです。

舞台関連の企業を中心に就活を進めていましたが、「これでいいのかな?」と感じて以来、舞台以外の企業も複数受けました。しかし、多くの企業は舞台関連の技術があるのに、なぜ一般企業を受けているのか、というスタンス。何社も同様の対応で、なかなか上手く話せない中、たまたま圧迫面接を受けた事もあり、すっかり自信を無くしてしまっていたんです。そんな時期に、マンションリサーチ株式会社で面接を受けることとなりました。社長は丁寧に対応してくれましたが、今までの就活の色々が影響し、結果的に想いを上手く伝えられずに終わったんですよね。でも、ダメだと思っていた矢先、突然声を掛けられたんです。

「インターン、3日くらいでも来てみない?」自信を無くしてる私を見かねたのか、面接終わりに社長からもう一度チャンスを頂けたんですよね。そしてインターンに参加しました。恐る恐るの参加でしたが、皆さん本当にフランクでオープンな雰囲気。誰かが困って居れば、誰かがすぐに手を差し伸べる風土もあり、私が働くのはここだと強く思いました。考えてみれば、舞台に関しても他人の喜びの為に頑張れるタイプの私。企業をサポートする事業内容も、自分の性格にぴったりだと感じました。「住まい×自分の性格」で選んだこの環境には不思議なご縁も感じています。自由度の高い組織の中で、自分を表現したい想いで一杯です。

成果は皆で喜んでくれる。
支える喜びを遣り甲斐にして、営業を頑張れています。

不動産企業を対象とした営業を担当することとなり、今年6月頃からは電話でのアプローチを中心に仕事を進めています。営業は未経験ということもあり、初めは電話先の男性職員さんの対応が怖く感じる時も結構ありました。しかしそんな時、近くで見ていた先輩がさりげなく声を掛けてくれ、ちょっとしたアドバイスをしてくれたんです。アドバイスの内容は「~様」ではなく「~さん」って呼んでみたらどうかというもの。試してみると本当に相手の対応が変わり、親近感を持って話を聴いて貰えるようになりました。こんな風に誰かが必ず支えてくれる風土が組織にあるので、未経験の私でも、クライアントに貢献できるまで成長することができているのだと感じています。皆さん個性的な先輩方ですが、非常に頼りになる優しい人達です。

私は他人を支えるのが好きな性格ですので、クライアントから「効果良かったよ」「いつもありがとう」と喜びの声を頂ける事は、最大のモチベーションになっています。また、クライアントへの貢献によって成果がでると、私個人の成果にも関わらず組織をあげて喜んでくれるんです。皆が喜んでくれる顔をみて「よし!これからも頑張ろう」と思わされちゃってますね。自分の行動がクライアント様や組織の力となるよう、これからも「やりたい」に素直に頑張っていきたいと考えています。

Requirement

募集要項