会社の成長が私の成長
組織を成長させる人材になる

テクニカルサポートチーム 部長

遠藤 あかね

社長と働きたい!で決めた入社。
信頼して任せてくれる環境は、組織の誇れるポイントです。

私が入社を決めたのは、社長と働きたいという想いからです。なぜ社長と働きたいと思ったかといえば、面接を通して「尊重されている」ということを強く実感できたから。就活時に多くの企業をみるなかで、正直に言うと、個人をあまり尊重しない組織も実際はありました。しかし、私たちへの社長の対応は、他社とは明確に違うものだったんです。組織の一員として迎え入れてくれる、オープンな雰囲気がある組織だと感じられた事で、入社への決意が固まったことを今でも覚えています。

入社した現在も、面接時に感じた想いとまったく同じです。個人の意志や意欲を尊重する、非常に自由度の高い組織で、「やりたい!」と思い伝えたことは何でも挑戦できています。経験や年齢も関係なく、個人を尊重してフラットに。根拠が明確であれば「じゃ、やってみな」と信頼して任せて貰える環境は、働いている今でも凄いと感じている所ですね。

社内の雰囲気を分かり易く伝えるとすれば、部活のチームメイトでしょうか。現在の私の業務では、それぞれの役割が明確に決められているので、1人1人が与えられた役割をこなすべく頑張っている体制です。でも、困ったことがあれば、助け合って励まし合い、協力することも。仲間と一緒に頑張り、共に組織を盛り上げていると実感できるので、不安を抱えず前向きに働くことができています。

多くの人に知られる企業へ。
「助かりました」を積み重ね、組織を支え成長させる人材に。

担当しているのは、ユーザーサポートと社内サポートの役割。サービスを利用されるクライアントや社内スタッフの問合せに対して、チームで協力して対応しています。そのほか、テクニカルサポートチームとして一緒に働いている、アルバイトスタッフの業務管理も私の役割です。チームの皆が同じ質で対応できるよう、クオリティーコントロールすることがこの業務のミッション。頼れる縁の下の力持ちとなれるよう、日々工夫しながら仕事を進めています。

対応や管理業務を通して心掛けているのは、伝え方を工夫することです。相手によって伝えるタイミングや伝え方、伝える方法も適切かどうか意識しています。伝え方を誤れば、こちらの意図はまったく伝わらないもの。相手が受け取りやすい、効果的なコミュニケーションができるよう、時には私以外のメンバーから伝えたりと、周囲に頼れる環境も生かしているんです。一方で聴くことにおいても「相手が本当に求めていること」にフォーカスすることを大切にしています。案外人は、言葉で言っていることと別のことを求めている場合もあるもの。本質的に相手が求めていることを提供することで頂ける「助かったよ」という言葉が仕事のやりがいです。今後も社内社外問わず、たくさんの「助かりました」を積み重ねていけるよう頑張りたいと考えています。

そして私が目指しているのは、マンションリサーチ株式会社の社名をより多くの方に知って貰うことです。自由度の高い、個人を尊重してくれる組織をもっと知って欲しいですし、現在のユーザー以外にもリーチする、新規ユーザーに向けたサービスの開発にも関わりたい想いがあります。縁の下の力持ちから、組織を成長させられる人材へ。挑戦できる環境にも感謝しながら、一歩一歩着実にステップアップしていきます。

Requirement

募集要項