正しく気持ち良く働ける環境づくり
スタッフのパフォーマンスを最大限に

経理管理部 部長

石﨑 純也

自己成長が企業の成長に。
そんな組織は仕事が楽しい。皆の頑張りを支える役割です。

企業の成長には4ステージあると言われています。中でもマンションリサーチ株式会社が該当するアーリーステージからミドルステージは「自分も組織も成長を実感できる時期」です。入社した理由は沢山ありますが、このステージで働くのが非常に楽しいということが理由の一つ。自分の成長が組織の成長に繋がる環境で、今までの経験や能力を発揮して組織貢献していきたい。そう思えたことあり、入社を決断しました。とは言え、組織の歯車ではなく、自立した働き方できる点も組織に入るうえで大切にしている要素です。言うまでもありませんが、個人の裁量が高いところも、私自身の働き方とマッチしていると感じていますね。

私たちがクライアント向けにリリースしているサービスは、情報の非対称性を解消することを目標としたもの。一方で社内向けの業務が中心の私は、労務や経理に関する法律を社内に浸透させて、多くの従業員が知るべき情報を知り、正しく気持ち良く働ける環境づくりを整備したいという想いがあります。経営者側にも従業員側にも必要な法律をアナウンスし、組織の成長をサポートすること。これは私のやりたいことでもあるんです。必要な知識を身につけていないことで、従業員側が損をしていることも沢山ある。派手な役割ではないですが、組織で働く皆さんをしっかりとバックアップして、組織成長にも貢献していきたいと考えています。

自由に働ける環境を守る為、組織を俯瞰して見る事も大切。
大変なことほど、遣り甲斐があります。

私たちの組織は順調に成長を積み重ねた結果、現在ではグループ企業も増えている現状です。当然ですがそれぞれに社長が在籍し、異なる風土の下、多くの仲間が勤務しています。私は現在グループ各社のバックオフィスにも関わっていますが、一律ではない組織の色を把握したうえで、方針や希望を実現するサポートに対応することは、仕事の遣り甲斐にも感じているポイントです。雇用に関する書類の作成から社長への助言まで業務は様々。各社長の経営方針に従って法務を整備し、希望に沿った雇用契約書類を作成する業務も行っています。また、経営者の従業員に対する態度や考え方が適切でないと感じれば、直接社長に助言することも私の大切な役割です。

俯瞰して組織を眺め続けてもう6年になります。長く勤める私が組織の自慢をするとすれば、皆の意見をしっかりと聴いてくれる会社であると言うことです。一般的には年功序列の風土が残っている組織や、意見すれば不平不満と捉えられるケースも少なくありません。だからこそ発言しにくい会社も多いのですが、私たちの組織では一貫して、仲間の意見を素直に受け入れる風土があります。この稀有で素晴らしい環境を残していく為にも、組織を後ろから支え、一人でも多くの仲間が正しく気持ち良く働けるよう、これからも努力したいと考えているんです。

Requirement

募集要項