マンションリサーチ

社員スペシャルインタビュー

立場と役割について教えてください

社内でのシステム関連全般を扱っており、サービスの企画・設計・開発〜社内インフラまで幅広く携わっています。エンジニアはまだ2人しかいませんが、そのリーダーとして新しい技術の追求・業務の効率化を常に考え実践しています。

以前の会社でもエンジニアリーダーをしていたのですが、その時は管理職という意味合いが強い仕事が多かったため業務がうまく回ることを中心に管理を行っていたのですが、現在は管理をするという意味合いというよりいかにシステム的な観点で面白いものを提案し実装できるかに重きをおいて仕事をしています。
エンジニアとしてのやりがいはぐんとあがりました。

エンジニアとしての会社でのやりがい

前職まで受託開発をメインとしている会社に在籍していたため、エンジニアとして作成したサービスがエンドユーザー・クライアントに対してどうメリットをもたらしたのか、どう利益がもたらされたのかが不透明なところがありました。

マンションリサーチではエンドユーザーに対して直接サービスを提供しているため、企画し開発したサービスや機能が良くも悪くもダイレクトに反映してくるという部分に非常にやりがいを感じています。
売上がリアルタイムで見れるツールも作っちゃいました笑

今後マンションリサーチでエンジニアとして実現したいことはなに?

不動産業界になくてはならないプラットフォーム作りを実現したいと考えています。
例えば、同じ物件の情報でもA社はこの情報が欠けてる、B社はこの情報が欠けてるという情報の共通化が行われていないケースが多く、不動産情報のプラットホームを整理することで、ユーザーにとって有益な情報を提供したいと考えています。
ここを共通化し、ユーザーにとって価値のある情報を提供、もしくはユーザーが探せるようにしていきたいと考えています。

今、気になる技術は?

業務で興味があるのは分散処理系の技術です。
マンションリサーチで持っているデータはかなり膨大な量があり、もちろん分析するということもありますが、不動産サービスを利用するユーザーにとって価値のある情報は過去の情報ではなく未来の情報です。未来予測には数万・数億からなるパターンから最も確率の高いパターンを導き出す必要があるため、今後必須で利用する技術だと考えています。

個人的な興味は人口知能(AI)です笑
不動産情報とAIを融合させた何かを作ってみたいですね。

どんな人がマンションリサーチで働くことに向いている?

技術を追求するのみではなく、一般的な世論を受けてのサービスを考えられる人や、現状の課題の分析ができる人がいいですね。
自分から外部と接触を持ち、様々な刺激を受けられる人が向いていると思います。
意見もアイディアも全員が出し合って形にしていくため、自ら発信できる人でないと厳しいかなと。

応募したいと思う人へのメッセージ

ああしたい!こうしたい!が叶う会社です。
アイディアを形にしたい方、不動産業界を透明にしたい!という方お待ちしています。
特にエンジニアの方はPCやモニター、アプリケーションも基本的には自由に選択できます。私も最近良い椅子購入予定です笑